【体験談】ジャンパルーいつからいつまで?メリット・デメリット

赤ちゃんのお世話に付きっきりで、ママは休むことがなかなかできませんよね。
だんだん起きている時間が長くなってくるとさらに目が離せなくなります。

そんな悩みを解決してくれるのがジャンパルー

ジャンパルーはピョンピョン跳ねて赤ちゃんが一人で機嫌よく遊ぶことのできるおもちゃです。

私は息子が生後8ヵ月頃購入しました。もっと早く買えばよかった、と思うくらい買って大正解のおもちゃです!

この記事では、

  • ジャンパルーはいつからいつまで使えるか(対象月齢)
  • 購入したジャンパルーのメリット・デメリット

について紹介します。

\赤ちゃんが大好きなジャンパルー/

ジャンパルーはいつから使える?

ジャンパルーの写真

ジャンパルーは赤ちゃんの首がちゃんと座ってから使用することができます。

個人差はありますが、早い子では生後3ヵ月目(首座り)から利用することができます。多くの赤ちゃんは生後5ヵ月目から使えるようになります。

通常、首が座るのは3、4ヵ月ごろと言われていて、遅い子でも5ヵ月には首が座る子が多いようです。

成長には個人差がありますので、赤ちゃんに合わせて使ってくださいね。

ジャンパルーの利用条件として、以下の3点を必ず守ってください。

  • 首がちゃんと座ってから
  • 体重12kgまで
  • 身長81cmまで

ちなみに、我が家の生後4ヶ月、生後5ヶ月の授乳やスケジュールについてはこちらに記載しています。

>> 生後4ヶ月の完ミのミルク量とスケジュール

>> 生後5ヶ月のミ完ミのミルク量とスケジュール

ジャンパルーはいつまで使える?

赤ちゃんがお座りしている様子

1人歩きができるようになる前まで、ジャンパルーを使用することができます。

その為、多くの赤ちゃんは1歳前後まで使用することができます

(だいたいの赤ちゃんは、1歳前後で一人歩きができるようになる為)

以下に該当する赤ちゃんがジャンパルーで遊ぶのは危険です。条件に当てはまる赤ちゃんは利用はやめましょう。

  • シートから一人で降りられる
  • 一人歩きができる
1人歩きについて

早い子では生後9、10ヵ月ごろから歩けるようになります。ゆっくり目の子では1歳半をすぎてから一人歩きする子もいます。

発達には個人差がありますので、その子の成長に合わせて使用してください。

ジャンパルーを購入した我が家、いつからいつまで使ったか

赤ちゃんが立っている様子

上記で、ジャンパルーの一般的な利用期間を述べました。

ジャンパルーを購入した我が家では、いつからいつまで使用していたのか具体的に紹介します。
ジャンパルーはいつから使った?
子どもが生後8ヵ月の時に購入しました。ジャンパルーの存在を知ったのが生後7ヵ月の時だったので、もっと早く出会って購入していたら!と思います。
ジャンパルーはいつまで利用できたか?
1歳2ヵ月まで使用していました。

身長が81センチを越えたので使用を辞めましたが、子どもが一人歩きできたのが1歳4ヵ月とやや遅めだったので、その分長く使えました!

我が家ではジャンパルーは約6ヵ月使用することができました。

ただし、一人歩きの前段階である伝い歩きができる頃になると、だんだんとジャンパルーよりも歩きたい、となります。

どれくらい利用できるかは赤ちゃんの成長によります。なるべく長い間使ってほしいならば、早い段階での購入おすすめします!

⇒ジャンパルーの詳細を見てみる

ジャンパルーのメリット

ジャンパルーで遊んでいる様子

AmazonHPより

私が感じたジャンパルーのメリット3つを紹介します。

  • 一人遊びができる
  • 足が鍛えられる
  • すごく楽しそう

一人遊びができる

ジャンパルーに乗せると機嫌よく一人遊びをしてくれます。この間、赤ちゃんは移動できないので、ママはそばで家事を済ませることができますよ!

連続使用時間は20分までとなっていますが、だいたい20分くらいたってくると疲れてくるので、ちょうどよい時間でした。

一日に何度も乗せても飽きないようで、私自身家事をするのに大助かりでした。

足が鍛えられる

連続でジャンプしますので、きっと足腰は鍛えられていると思います。実際息子は足の力がとても強いです。寝てて蹴られると本当に痛い・・・(笑)

すごく楽しそう

ジャンパルーの仕掛け説明

AmazonHPより

息子は少しシャイな性格なので、首座り頃、大声で笑うことが少なかったです。しかし、ジャンパルーに乗せると、今までで一番楽しそうに、キャッキャッと跳ねて遊んでいました

ジャンプするたびに楽し気なメロディーが流れ、赤ちゃんのテンションも上げてくれます!周りには興味を持たせるようなおもちゃがたくさん付いていて、飽きさせません。

息子は、ふにゃふにゃっと動くチョウに(なぜか)大爆笑していました!

ジャンパルーのデメリット

AmazonHPより

ジャンパルーを使用して、ちょっと残念だと思ったこと3つを紹介します。

  • 使用期間が短い割に価格が高い
  • 大きくて場所をとる
  • ジャンプの騒音に注意

使用期間が短い割に価格が高い

ジャンパルーを購入する際、一番躊躇する理由は価格が高いことですよね。使用期間は個人差はおりますが、半年ほどですので、購入を考えている方は早めに買うことをおすすめします!

私も購入するのをすごく迷いましたが、購入に踏み切ったきっかけは、お店のサンプルで遊んでいる息子が、本当に楽しそうだったこと。

私はワンオペ育児で息子に付きっきりだった為、私自身が少しでも家事やひと休みができるように、夫が購入しようと決断してくれました。

ジャンパルーにはだいぶ助けられました。

大きくて場所をとる

幅88×奥行88×高さ95(cm)あり、設置場所の確保が必要です。うちはリビングに置いていましたが、存在感ありました(笑)

ジャンプの騒音に注意

かなり激しくジャンプするので、なかなかの音がします。我が家はラグの上に置いていましたが、それでもドンドンとなります。

マンション住まいの方は使用時間を気を付けた方がいいですね。騒音トラブルにならないように注意です。

まとめ ジャンパルーで一人遊びもご機嫌に!

ジャンパルーは生後3~5ヵ月目(首座り)から使えるようになり、1歳前後まで(一人歩きするまで)使用することができます

購入を迷っている方は、まず、お店のサンプルでお子さんの反応を見て、商品の大きさを確認してから購入するようにしましょう。

使用期間は短いですが、ジャンパルーは人気の商品な為、使用後はフリマサイトで転売もできますよ

我が家はジャンパルーを買って良かったです!楽しそうに遊ぶ子供の姿を見れるのは嬉しいですよね!

created by Rinker
¥14,980(2022/09/25 01:35:31時点 楽天市場調べ-詳細)

\おすすめ育児グッズまとめました/

合わせて読みたい

この記事では、0歳~1歳児を対象とした「おすすめ育児グッズ」について、まとめました。『ベビーカーや抱っこ紐、高い買い物だから失敗したくない』『使った人のレビューを知りたい』育児グッズは揃えるものも多く、こんな風に悩むこともありますよね[…]

\ランキング参加中です↓/

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!